メニュー

引越し後にすること

転入届

他の市区町村から引越してきた場合に行います

届出先 新住所地の市区町村役場
届出人 本人または世帯主
必要なもの 転出証明書、印鑑
届出期間 引越した日から14日以内

同じ市区町村で引越した場合は、「転居届」を提出します。

子どもの転校手続き

公立の小中学校の場合、新住所地の市区町村役所で転入手続きを行い、新しい住民票を発行してもらいます。
これを持って教育委員会へ行き、転入学通知書を発行してもらいます。指定された学校へ、この転入学通知書と一緒に、前の学校でもらった在学証明書教科書給与証明書を提出します。

届出先 教育委員会の定めた指定校
届出人 保護者
必要なもの 転入学通知書、在学証明書、教科書給与証明書

国立・私立の小中学校、高校の場合は事前に確認しておきましょう。

国民健康保険の加入

他の市区町村から引越してきた、国保の加入対象者が行います

届出先 新住所地の市区町村役場
届出人 世帯主
必要なもの 印鑑、転出証明書、身分証明書
届出期間 引越した日から14日以内

国民年金の住所変更

届出先 新住所地の市区町村役場
届出人 本人
必要なもの 印鑑、国民年金手帳
届出期間 引越した日から14日以内

引越し前の手続きは必要ありません。

印鑑登録

実印を所持するために、実印となる印鑑を登録します

届出先 新住所地の市区町村役場
届出人 印鑑登録する本人または代理人
必要なもの 実印として登録する印鑑、身分証明書
代理人の場合は委任状

児童手当

中学校修了まで(15歳になった最初の3月31日まで)の子どもを養育している人は
子ども手当の認定申請をします

届出先 新住所地の市区町村役場
届出人 養育者
必要なもの 印鑑、請求者名義の銀行口座番号
厚生年金・共済年金加入者のみ、健康保険証の写し
又は年金加入証明
届出期間 引越した日から15日以内

通常、届出した日の翌月から支給されますので、時期に注意!損しないように届出しましょう!

パスポートの変更

結婚などで姓が変わった、または本籍がそれまでの都道府県と変わった場合に手続きします

届出先 新住所地の都道府県旅券課
届出人 本人または代理人
必要なもの 新しい戸籍謄本または戸籍謄本
(新戸籍が間に合わない場合、新戸籍の届出受理証明書と
旧戸籍抄本の2つ)
新住所が確認できる物(住民票など)、パスポート

住所がただ変わっただけの場合は、パスポートの後ろの所持人記入欄を自分で訂正すれば、手続きは必要ありません。

運転免許証の住所変更

住所、氏名、本籍など運転免許証に記載されている事項が変更になったとき、届出ます。

届出先 新住所地の運転免許試験場または所轄の警察署
届出人 本人
必要なもの 運転免許証、住民票、印鑑
他の都道府県への住所変更では写真1枚(3×2.4cm)

自動車関係

【車の登録変更】
登録を受けている自動車(普通・小型)を所有している人が引越したり、本籍や氏名が変わったりした場合に申請します

申請先 新住所地の陸運支局
申請人 本人または代理人
必要なもの 自動車検査証、印鑑、自動車保管場所証明書、
変更の事実を証する書面(住民票など)
自動車損害賠償責任保険証明書
代理人の場合、委任状
申請期間 引越した日から15日以内

別の陸運支局官内に引越した場合、ナンバープレートが変わるので車を持っていく必要があります。
費用:手数料350円、ナンバープレート代 大板1,960~2,310円、小板 1,440~1,880円

【車庫証明】
車の登録変更のために、引越し先での新しい車庫証明が必要になります!

申請先 車の保管場所を管轄する警察署
申請人 本人
必要なもの 印鑑、貸し駐車場の場合は貸主の発行する
自動車保管場所使用承諾証明書
 (賃貸借契約書のコピーで可)

車庫証明が発行されるまでには3~4日かかります。車の登録変更は引越した日から15日以内ですから、期間に間に合うよう引越したらすぐに車庫証明の申請はしておきましょう。
費用:手数料2,000円、ステッカー代500円

【軽自動車】
登録を受けている軽自動車を所有している人が申請します。

申請先 新住所地の軽自動車検査協会
申請人 本人または代理人
必要なもの 自動車検査証、印鑑、変更の事実を証する書面
 (住民票など)、代理人の場合は委任状
申請期間 引越した日から15日以内

別の検査協会官内に引越した場合、ナンバープレートが変わるので車を持っていく必要があります。

【バイク】
★50~125cc
他の市区町村から引越した場合に手続きします

申請先 新住所地の市区町村役場
申請人 登録した本人
必要なもの 廃車証明書、新住所を確認できる物、印鑑

管轄は市区町村です。同じ市区町村内で引越したときは、手続きは必要ありません。
手続き後、新しい標識交付証明書と、ナンバープレートを発行してもらいます。
新住所地の市区町村役所に、旧住所地で交付されたナンバープレートと標識交付証明書、印鑑を持参すれば、廃車を新規登録の手続きを一括で済ませることも出来ます^^

★126~250cc

申請先 新住所地を管轄する陸運支局
申請人 登録した本人
必要なもの 軽自動車届出済証、印鑑、新しい住民票、
自動車損害賠償責任保険証明書
別の陸運支局官内へ引越した場合ナンバープレート

管轄は陸運支局です。

★251cc以上
他の市区町村から引越した場合に手続きします

申請先 新住所地の市区町村役場
申請人 登録した本人
必要なもの 手数料納付書、自動車検査証、印鑑、
新しい住民票、自動車損害賠償責任保険証明書
別の陸運支局官内へ引越した場合ナンバープレート

管轄は陸運支局です。

犬の登録変更

犬を飼っている方は、飼い犬の登録変更をします。

届出先 新住所地の市区町村役所
届出人 飼い主
必要なもの 印鑑、旧住所地で交付された飼い犬の艦札
狂犬病予防注射済証

同じ市区町村内での引越しの場合は、「転居届」を提出する際に、飼い犬の登録住所の変更も申し出ましょう!

転居通知の発送

引越し前に準備しておいた、引越しました♪のはがきを発送しましょう。
できれば1週間以内、遅くとも2~3週間以内には投函したいところです。
引越しましたハガキのダウンロードはこちら

引越し料金は業者によって、最大3倍も差があると言われています

引越し一括見積りで引越し料金が130,000円→35,000円に!
【95,000円も安くなりました】


引越し一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「引越し侍」です。
大手業者はもちろん、190社以上の引越し業者の中から、最大10社へ無料で一括見積り依頼ができ、一番お得な引越し業者を選ぶことができます



紹介件数1120万件の実績があり安心して利用が出来ます。もちろん見積りは無料です。
引越し料金の無料一括見積りはここからできます。

  
引越し大作戦1 - 良い引越しのためには業者を見極める
引越し大作戦2 - ケース別で見てみよう
引越し大作戦3 - 安くダンドリ良い準備の進め方
各業者のプラン内容&サービス制底調査
引越し大作戦!番外編
引越しコラム
海外への引越し
その他の引越し方法
サイト管理者情報
引越し大作戦1 - 良い引越しのためには業者を見極める
引越し大作戦2 - ケース別で見てみよう
引越し大作戦3 - 安くダンドリ良い準備の進め方
各業者のプラン内容&サービス制底調査
引越し大作戦!番外編
引越しコラム
海外への引越し
その他の引越し方法
サイト管理者情報